ゲイコミュニティ「Mens World」|初めて利用する方へ


初めて利用する方へ

ゲイと言えばハッテン場で出会ってすぐSEXをするだとかサウナで男を漁っているだとか、そんなイメージを持っている人は少なくないでしょうが、それは間違いです。
ただただ普通の人と同じように普通の恋愛をしたいと考えている人の方が大多数なのです。初めて会ってからは何度もデートをしてみたり、カラオケや食事に行ってみたり、趣味の話題や仕事の愚痴を気軽に言い合える仲間を求めている人もいます。
そのような人達はゲイバーやハッテン場というの場所で出会いを求めるよりも、SNSやコミュニティサイトなどで出会いを求める傾向にあります。
SNSやコミュニティを利用する際にはプロフィールが非常に重要になります。自分の趣味、性格などはもちろんのこと、身長*体重*年齢などはもはやゲイ業界では基本中の基本です。これがなければたいていの人は相手にしてくれませんし、そのようなサイトを利用する意味もなくなってしまいますので要注意です。
次に大事なのが自分のタイプです。大きく分けるとタチ・ネコ・リバの3タイプです。これは男女の恋愛で言うところの性別と同じくらいの意味合いを持っているので書かなければあなたがどのような出会いを求めているのか全く分からないという結果になってしまいます。
このように自分の情報を分かりやすくかつ、詳しく書いておくというのがサイトでの出会いを手に入れるための最大の近道となるのです。
ゲイに人気がある男性とは
ゲイの人達には女性に今人気のあるような細身で綺麗系の顔というのはあまりウケが良くありません。そしていかにもな男くさいフェロモンの溢れる人が人気なのです。有名人で言うと、坂口憲二、井上康生、ケンドーコバヤシなど、何となく雰囲気は分かってもらえるでしょう。
しかしゲイにもモテるタイプとモテないタイプはありますが、諦めてはいけません。ゲイの世界とは非常に奥深く、好みなども細分化されており、好みは多種多様なのです。デブ専、ブス専、ハゲ専、ショタ専、スーツ専、ユニ専、クマ専、桶専、老け専、ジャニ専と数え上げるときりがありません。その他にもイモ系やガテン系、ガチムチ系など、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
もちろん今現在ゲイの人はもちろん、女性にあまり好かれないと思っている男性などは、一度ゲイの世界を体験してみることをお勧めします。日本人には潜在的なゲイが約10%いると言われています。もしかしたら今自覚が無いだけで、本当はゲイの世界に行けばモテモテのハーレムが待っている可能性もあるのです。もちろん興味が全くないのであれば問題ないのですが、自分の中に少しの疑問を抱いた時、ゲイの世界の扉を叩いてみるのも一つの可能性として考えるのも悪くないと思うのです。